ID盗難を防ぐ方法

オンラインゲームにてID盗難に遭わない為の原則です。
詐欺の手口もよく確認しておきましょう。

  • IDから連想するようなパスワードにしない
    ※安易なパスワードは推測される可能性が高まります。
  • IDを譲渡しようとしない
    ※そもそも利用規約違反になります。
  • 個人情報をオンライン上で明かさない
    ※個人情報からパスワードなどを推測される可能性があります。
  • パスワードはマメに変更する
    ※定期的に変更するのは他のサービスでも同様です。
  • パソコンにIDやパスワードを保存しないで毎回手打ち入力する
    ※不意の流出の可能性があります。
  • 攻略サイトを閲覧する時はセキュリティソフトを起動する
    ※スパイウェアやウィルスが仕掛けられている可能性があります。
  • 友達、ゲーム仲間同士でIDとパスを共有しない
    ※流出の危険性が高まります。
  • ゲーム内でGMや他のプレイヤーにIDとパスを聞かれても教えない
    ※GMはIDなどを絶対に聞かない。パスを聞くのは偽GMの可能性が高いです。
  • ネットカフェでプレイする時はID・パスを保存しない
    ※他人が容易にログイン出来ます。
  • Lv上げ代行サービスを利用しない
    ※IDを盗難される危険性がありますし、そもそも利用規約違反です。
  • マクロツールやチートツールなどを使用しない
    ※不正行為によるID盗難は保証されません。
  • 自分のIDをオークション等で販売しない
    ※利用規約違反になります。
  • 知らない人からの1:1は無視する
    ※パス抜きツールを使用される危険性もあります。
  • 運営の人間を名乗ってパスワードを聞き出された場合、教えない
    ※運営側が個人情報を聞く事は絶対にありません。偽物の可能性が高いです。